ル・ポールのドラァグレースシーズン12 〜Mirror Song〜

DRAGRACEアメリカシリーズ

皆さんこんにちは。

色々あったドラァグレースシーズン12 、無事にファイナルまで放送されましたね。

今回はエピソード1課題曲

『I’m That B!tch』

からイラストとシーズン振り返りと

課題曲ラスベガスライブメドレーより

『Mirror Song』

について書きました。

※ネタバレあり※

I’m That B!tch

ブリタ

ドラァグレースシーズン12 ブリタイラスト

個人的にコンジニアリティーを期待したものの、惜しくも逃したブリタ。

シーズン途中、互いに言い争っていたエイデンを迫真のリップシンクで圧倒し、彼女のお別れメッセージを「I love you.」と涙ながらに消していた姿が印象的。

リユニオン(再会エピソード)ではお互いに笑って悪口を言い合えるほどになっていて良かった。

個人的に大好きなクイーンその1。

(エイデンの悪口が盛大に滑ったのは秘密)

ジジ

ドラァグレースシーズン12 ジジイラスト

美貌と実力共に兼ね備えながらも、ミニチャレンジ・メインチャレンジ共に異様に勝ち過ぎてる感が否めず最初は好きになれなかったジジ。

けれどファイナルを観てリップシンクの構成力の上手さには大納得。

実際は内緒でスタジオ撮影してバレて死ぬほど怒られて、放送された上記リップシンクは2回目撮影のもの。

しかしこの子の魅せ方をもっと番組側が考えてあげれば良かったのになと思うとちょっと残念。

クリスタル

ドラァグレースシーズン12 クリスタルイラスト

個人的に1番番組のドキドキワクワクを楽しんでいたんじゃないかと思うクリスタル。

彼女のような個性派のクイーンは途中失速するか、我が強すぎて他のクイーンから酷く反感を食らうことが多い印象だけど、クリスタルはそうでもなくファイナルまで見事に個性を貫き通していて凄い。

あとこのメイクがだんだん可愛く見えてくるから凄い。

そしてメイクのインパクトに気を取られがちだけど、衣装が結構上手い。

エピソード1初回ランウェイの安全ピンのつぎはぎ衣装は秀逸。

ハイディ

ドラァグレースシーズン12 ハイディイラスト3

見た目をめちゃくちゃダメ出しされるハイディ。

ゲスト審査員ニッキー・ミナージにもメイクを否定されておかんむり。

『I’m That B!tch』では振り向いた瞬間審査員に笑われ、ジジには「控えめに言ってブメイクがおかしい」と言われ、クリスタルに「貴女はソーシャルディスタンシングの距離が丁度良い」と言われるなど散々な言われよう。

リユニオン(再会エピソード)にてジジが上記発言を謝罪した際、無関係のニッキードールと交互にアップされるところもまた哀愁を誘う。

ドラァグレースシーズン12 ハイジ

どーん!

ドラァグレースシーズン12 ニッキードールイラスト2

どーん!

ドラァグレースシーズン12 ハイディイラスト4

最後にどーん!

そりゃアンタックドで爆発して全員を指差しながら「オマエF※※※! オマエF※※※! オマエもF※※※! オマエもF※※※!」言っちゃうのも致し方ない。

しかしファイナルでは愛嬌たっぷりの見た目と性格で見事シーズン12 のコンジニアリティーに。

最近SNSに敏感なこの番組で上記シーンを平気で放送し『ハイディのソーシャルディスタンシング』でもこのネタをこする辺り彼女がいかに愛されているかが見てとれる。

人間離れしたダンスと愛され度ではトップクラスのクイーンとなった。

個人的に大好きなクイーンその2。

(愛され度1位はカティア)

ドラァグレースイラスト カティア・カーシャ

ジャッキー

ドラァグレースシーズン12 ジャッキーイラスト

惜しくもファイナル出場を逃したジャッキー。

しかし全体を通してジャッキーは平均点以上の活躍をしており流石NYの人気者といった感じ。

ダンスも個人的に好きなタイプ。

彼女のダンスを見ると何故かミズ・クラッカーのことを思い出す。

ミズ・クラッカー ホワイトボードイラスト

↑ ミズ・クラッカーさん

両指をさして「For You.」はジャッキーの持ちネタとなった。

ニッキードール

ドラァグレースシーズン12 ニッキードールイラスト

可愛い可愛いニッキードール。

フランス人であり、英語の細かいニュアンスに悩み自信のない場面も。

番組で定期的に出される意地悪質問No.1

「今夜帰るべきは誰?」

(今週脱落すべきは誰?の意)で

「自分」

と答えてしまったニッキードール。

私はこれはドラァグレースという番組において絶対に言ってはならない答えだと思う。

例え主観的に見ても客観的に見ても明らかに自分だけダントツに出来が悪くて、絶対ボトムだろうな、みんな私のことを言うだろうなと思っても、この場で「自分」と言ってしまったら「じゃあ何で出場したの?」「帰れば?」になるし言ったら多分心が折れるから口が裂けても絶対に言わない。

キツイ言い方だけど絶対この場で言うべきではないと思う。

しかしそれは本人が1番分かっていると思うし、それを踏まえてもどうしても耐えられず

「自分」

と答えたのかと思うと胸が痛む。

っていうかこの質問自体いつもホント意地悪だなぁ〜と毎回思う。

コレ嬉々として答えたい人いないじゃん。

あ。1人いたわ。

誰だっけ?

誰だっけ?

どーん!

ホワイトボードイラスト ヴィクセン

オマエだよ w ヴィクセン!

ウィドゥ

ドラァグレースシーズン12 ウィドゥイラスト

自称シェィディクイーンとして立派に仕事をこなしたウィドゥ。

ブリタのところで書いた「I love you.」発言でもインタビューにて

「何がアイラブユーだ!みんな自分じゃなくて良かったと思ってるクセに!あれー?ワタシは仲良しレースに出てたんですかぁー?誰か教えてくだサーイ!」

と答える見事なシェィディ(嫌味)っぷり。

しかし下記記事に書いた通りだんだんと良い人なことが露呈していく。

本当に意地悪な人はこんなつぶらな瞳しませんからぁー!!!

ドラァグレースシーズン12 ウィドゥイラスト2

別撮りインタビュー登場回数が多くそこでイヤミを言う場面が多々あるので、結局のところイヤミっぽい・意地悪というより

“誰よりも揶揄が上手かった”

という感じ。

普段は日本語字幕ありのNetflixで観ているので英語だから浅〜い意味しか分からなかったけど、今後Netflixで配信された場合、あの「オネェでとう」でお馴染みのクソ翻訳でどう和訳されるかが楽しみ。

追記・6月26日、Netflixでも配信されました!

Mirror Song控えめに言ってエモい

ファイナル出場を巡りドラァグレースラスベガスライブメドレーをやることになったジジ・ジェイダ・クリスタル・ジャッキー・シェリーパイ。

このラスベガスライブメドレーの中でもMirror Songの構成が凄すぎる。

番組で毎度お馴染みのあのミラー。

あれを模したセットが人数分用意され、観客はTVと同じように鏡越しのクイーンを見ることが出来る。

100人以上のクイーンを見つめてきたあのミラー。

クイーンの数々のトラウマ、悩み、泣き声、ケンカを聴いてきたあのミラー。

男性から女性への変身の橋渡しをしてきたあのミラー。

それをこのような形で再現したところが最高にエモい。

クイーンたちの演技も「私キレイかな?」と鏡を覗いたり、敢えてウィッグを被らず、さもこれから「どんな髪型が似合うかな?」と思っていそうな感じを醸し出していて感動する。

このメドレー自体、初登場時の衣装でスーツケースと共にドタバタ・ワクワクしながらやって来たり、そこから鏡越しのメイク、からの舞台本番!のような構成なのでとんでもなく感慨深い。

どうしてクイーンたちはこんなにも頑張れるんだろう。

なんでそんなに自信を持てるんだろう。

なんで辛いことがあっても歩けるの?

なんで前を向けるの?

笑えるの?

そんなことまで考え過ぎて涙がちょちょ切れた。

あとメイクすることってドラァグクイーンじゃなくても誰だって変身することに変わりはないから、気持ちを切り替えるため自分を愛するために必要不可欠だなと改めて思った。

誰だってメイクした鏡に映る自分はそうじゃない自分よりキレイに笑っているはずだし、そうでありたいと思う。

またそんな自分に負けないくらい気持ちもキレイであるべきだし、そうありたいと願うはず。

気持ちのキレイは優しいだけじゃなくて強さや自分で自分を愛することだと思う。

けど毎日何もしないで愛することは難しい。

だからメイクという1つのキッカケから自分を愛するクセを付けても良いかもしれない。

あとメドレーでここまで思える私はすごいかもしれない。

みんなも今日から自分を褒めてみよう。

あといつも

「ルーのミュージカル系って大円団で終わらせる印象強いよな」

って言っててごめんなさい。

ラスベガスメドレーはMirror Song以外も秀逸で、私もたまの10キロランニング中にヘビロテしているから許してね。

スポンサーリンク

I Made It / Mirror Song / Losing is the New Winning (Las Vegas Live Medley) [Explicit]

スポンサーリンク

その他のオススメ記事はこちら

現在WOW+(ワールドオブワンダー)で配信中!

『Rupaul’s DragRace ALLSTARS5』

オールスターズ5〜一部ネタバレ感想EP1〜
ル・ポールのドラァグレースシリーズファンの皆さんこんにちは。今回は6月より兼ねてから待ち望んでいたオールスターズ5がWOW+(ワールドオブワンダー)で配信開始されたため、オールスターズ5のエピソード1(以下EP1)の簡易解説&...

おわりに

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

次回はエピソード2から登場する残り6人のクイーンをイラスト付きで振り返ります。

それはコチラをクリック♫

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました